ハライチ澤部、千鳥・ノブが寿司屋に行って「寿司職人がちょっとやりづらそうだった」と明かす「イカ二貫!」 | SUSHI TIMES

ハライチ澤部、千鳥・ノブが寿司屋に行って「寿司職人がちょっとやりづらそうだった」と明かす「イカ二貫!」

2018年10月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『ハライチのターン』(毎週木 24:00-25:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、千鳥・ノブが寿司屋に行って「寿司職人がちょっとやりづらそうだった」と明かしていた。

リスナーメール:僕は一緒に回転寿司に行った友達に、「これはなに?ねぇ、これはなに?」と、イカが二貫乗った皿を差し出されるという、ノブハラを受けました。

岩井勇気:うわぁ。

澤部佑:ふふ(笑)これはキツイわ。

岩井勇気:キツイね。

澤部佑:「イカ二貫」っていうのを、ずーっと求められるっていう。

岩井勇気:あるね。

澤部佑:これはあるだろうね。

岩井勇気:うん。

澤部佑:この間、ノブさんにお寿司連れてってもらってさ。

岩井勇気:うん。

澤部佑:寿司職人がちょっとやりづらそうだったわ(笑)

岩井勇気:はっはっはっ(笑)

澤部佑:「えーっとこれ…あの…イカなんですけど」って(笑)

岩井勇気:もうダメだね(笑)

澤部佑:そうなっちゃうとね。

岩井勇気:もう、ノブさんは寿司屋に行くことがノブハラだから。

澤部佑:ノブハラに(笑)職人さんに対しても、そうなっちゃうかもね。

岩井勇気:そう。

出典:世界は数字で出来ている