豊洲市場、吉野家やすし店を一般開放 初日からにぎわい | SUSHI TIMES

豊洲市場、吉野家やすし店を一般開放 初日からにぎわい

東京都江東区の豊洲市場で13日、開場後初めて、場内の飲食店や物販店が一般の利用者に開放された。築地市場(中央区)から移転してきた店などを目当てに、新鮮な魚介類を味わいにきた人や、新しい市場を見学にきた人たちでさっそくにぎわった。

豊洲市場では飲食店などのエリアが初めて一般客に開放され、通路が訪れた大勢の人たちであふれた

豊洲市場は、一部エリアで一般客も入場が可能となり、飲食店フロアでは長蛇の列ができた

豊洲市場内に展示されている小型運搬車「ターレット」(ターレ)に乗って記念撮影する人たち

 豊洲では、築地で「1号店」を構えていた牛丼チェーン吉野家やすし屋のほか、たまご焼きや乾物の店など魚河岸で親しまれてきた店を中心に、約100店舗が営業する。13日はどの店もすぐにいっぱいになり、通路まで人であふれた。

豊洲市場の一般利用客への公開を待つ間に、周辺を見学する人の姿もあった

豊洲市場のTシャツなど、オリジナルグッズの販売も始まった

豊洲市場では、一般客の利用は午前10時からと告げる看板が掲示された

 築地市場と同様に、海外からの観光客も目立った。香港から来たというチン・アイエイさん(28)は「豊洲市場はビルのような建物で、がやがやしていた築地とは違うけど、市場の中で食べるおすしは鮮度が違う。何時間並んでも食べたい」と笑顔で話した。

 飲食店の一部は豊洲市場が開場した11日から店を開いていたが、利用できるのは業者だけだった。休市日以外に営業し、誰でも利用できる。

 売り場をガラス越しにみられる見学者通路も13日から公開された。市場で使われる小型の運搬車「ターレット」(ターレ)も通路上に展示され、親子連れらが写真を撮りながら楽しんでいた。近くに住む鈴木真希子さん(43)は家族3人で訪れ、「テレビのニュースでみたターレに興味をひかれてきました。豊洲はとにかくきれいですね」と話した。

豊洲市場には「本日は開市日です」と4カ国語で告げる看板が置かれた

豊洲市場のキャップなど、オリジナルグッズの販売も始まった

豊洲市場の缶バッジなど、オリジナルグッズの販売も始まった

豊洲市場内に展示されている小型運搬車「ターレット」(ターレ)に乗って記念撮影する人たち

 休市日以外の午前5時~午後5時に、自由に出入りできる。マグロ卸売場のセリの見学デッキの利用は来年1月15日から。

出典:朝日新聞デジタル