豊洲市場と周辺エリアの楽しみ方ガイド | SUSHI TIMES

豊洲市場と周辺エリアの楽しみ方ガイド

「日本の食の中心」ともいえる豊洲市場。マグロの競りは訪日観光客にも大人気ですよね!今回は豊洲市場を中心に、今話題の東京のベイエリアをご紹介します!

築地市場が移転!豊洲市場へ行こう!

2018年10月に築地市場が豊洲へ移転!実は観光客にとって、豊洲市場への移転はうれしいメリットがあることをご存じですか?観光客の来場を想定して設計されていなかった築地市場とは違い、豊洲市場は観光客がマグロの競りなどを見学できる専用スペースがあります。これにより、訪日観光客に人気が高まっていた市場見学が、とてもスムーズに行えるようになりました。
一般の人でも買えるプロ向けの食材や、プロも通う美味しい食堂など、日本の食の中心ともいえる豊洲での楽しみ方を詳しくご紹介していきます!

豊洲市場の楽しみ方

豊洲市場には大きく分けて、水産物を扱う市場と青果を扱う市場があります。中でも特に観光客に人気なのは、マグロの競りを見学できる水産卸売場棟。プロ向けの野菜や卵焼きなどの食材、刃物類などを一般の人も買うことができる水産仲卸売場棟も多くの人が訪れます。

おすすめのコースは、ゆりかもめ「市場前駅」で下車し、駅直通の見学者通路を通って水産卸売棟でマグロの競りを見学。青果棟へ移動して見学したら、水産仲卸売場棟で鮮度抜群の魚を使ったグルメと買い物を楽しんで、また駅に戻るというまわり方。

ちなみに競りを見学する場合は、早朝5:30 am – 6:30 amに到着するようにしましょう。早起きは少し大変かもしれませんが、張り詰めた空気の中、競り人が威勢よく大きなマグロを競りにかける様子は迫力満点ですよ。2019年1月中旬以降には1階の見学者デッキも開放されるので、より間近に競りを見学できます。

見学時間:市場開市日の5:00 am – 5:00 pm(飲食店舗・物販店舗は各店舗の営業終了時間まで)、日曜・祝日・市場休業日は見学も不可。

豊洲市場の見学方法

マグロや青果の競り見学エリアは、競りが行われている様子を眺められるようになっています。写真撮影もできますよ。
また、このエリアの通路には見学者が競りをもっと楽しめるように、競りにちなんだ展示が盛りだくさん!たとえば水産卸売場棟に入ると、重さ496kg、長さ2.88mの巨大なクロマグロの模型がお出迎えしてくれますよ。ここで記念撮影をしたら、見学デッキに飾られた分かりやすい説明板もチェックしましょう。面白いのは、買い手が購入したい品物の値段や数量を指で示す「手やり」の展示パネル。競りが始まる前に読んでおけば、買い手や競り人の動きにも注目して見学できそうですね。
青果棟にも2階部分に見学ルートがあり、青果店や飲食店が野菜や果物を仕入れる様子を上から眺められます。また、見学者通路の窓は1月から12月の旬の野菜や果物の色に塗られているのでとてもカラフル。展示パネルも、野菜がどのようなルートで市場にきて、流通していくのかを説明しています。

豊洲市場周辺のおすすめ観光スポット

豊洲エリアは再開発された地域なので、整った美しい街並みとベイエリアならではの気持ちのいい景観が特徴。夜景の美しいレストランなどカップルが楽しめるスポットはもちろん、豊洲周辺には高層マンションも多いことからファミリー層向けのスポットもたくさんあります。
豊洲駅は、豊洲市場からゆりかもめに乗って2駅とアクセスも簡単!豊洲市場の帰りに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ららぽーと豊洲

豊洲市場の帰りに買い物が楽しめる大型ショッピングモール、ららぽーと豊洲。ファッション、インテリア、雑貨など、約180の店舗がそろい、映画館やフードコートも備えているので、家族みんなで買い物を楽しめます。こちらでお土産を買うなら、おすすめのお店は東急ハンズ!文房具やキッチン雑貨、化粧品まで幅広く取り扱っているので、きっと欲しい商品が見つかるはずです。

営業時間:ショッピング・サービス 10:00 am – 9:00 pm、レストラン 11:00 am – 11:00 pm

ガスの科学館 がすてなーに

子ども連れならこちらのガスの科学館 がすてなーにもおすすめの施設。入場料無料でガスの歴史や仕組みなどが学べて、体験型の展示なので小さな子どもから大人まで楽しめますよ。授乳室やおむつ替えシートも完備しています。
館内には本物のガス管の中を通り抜けられるゾーンや、細いガス管をブロックのようにつなげられるゾーンなど、日本語が分からなくても楽しめるものがいっぱい! 一通り展示を見終えたら、ぜひこちらの屋上に行ってみましょう。芝生が広がる屋上には、海風を感じられる気持ちいい景色が広がっていて、ゆりかもめの走る姿も眺められます。電車好きな子も楽しめそうですね。

開館時間: 9:30 am – 5:00 pm(入館は4:30 pmまで)、月曜休館(祝日の場合は翌日)

豊洲公園・春海橋公園

ららぽーと豊洲の隣にあるのが豊洲公園、豊洲公園に隣接した水辺の舗装されている部分が春海橋公園です。大人だけでゆったり海を眺めるのなら春海橋公園、子どもをたっぷり遊ばせるなら遊具や芝生のある豊洲公園がおすすめですよ。

i-muse

i-museは、総合重工業メーカーIHIによる無料の博物館。IHIが手掛ける造船や、ジェットエンジン、LNGタンク、イプシロンロケットなど、規模の大きいものづくりについて、模型や実物を展示してあります。館内は写真撮影できるので、ジェットエンジンと一緒に記念撮影してみてはいかがでしょうか。

開館時間:9:30 am – 5:30 pm、土曜・日曜休館

豊洲おすすめグルメ

海と高層ビルが織りなす都会らしいベイエリアの絶景を眺めながら、美味しいグルメを楽しめる豊洲のレストラン。ここでは個性豊かな3つのグルメスポットをご紹介します。

WILDMAGIC

都会的な雰囲気の漂う豊洲で、海風を感じながらバーベキューを楽しめるのが、今話題のスポット MILDMAGIC。コンセプトを持った7つのエリアにはそれぞれおしゃれなテントサイトがあり、器具や食材を持ち込む必要もありません。
例えば「スタンダードBBQプラン(1人5,000円(税抜))」では、サーロインステーキ、ローストポークステーキ、チキンレッグ、国産野菜の盛り合わせ、マシュマロなど全8品と、調理器具や食器などが付いた充実のプラン。人気のスポットなので、予約をしてから行きましょう。

営業時間:10:00 am – 10:00 pm(BBQの利用は4時間入れ替え制)

WEE BEE’S

WEE BEE’Sは天井が高く、大きな窓が開放的なカジュアルイタリアン!ランチは「本日のパスタ サラダ・パン付(900円(税込))」、ディナーは「マルゲリータ(1,200円(税込))」とリーズナブルなのもうれしいポイント。先に紹介したi-museから近いので、立ち寄りやすいですよ。

営業時間:火曜日~木曜日 11:00 am – 10:30 pm、金曜日・土曜日 11:00 am – 11:00 pm、日曜日・祝日 11:00 am – 9:30 pm (月曜定休、祝日の場合火曜)

Trattoria Pizzeria LOGiC MARINA GRANDE

ららぽーと豊洲内にある、石釜で焼きあげる職人のピッツァが自慢のイタリアンレストラン。レストランの室内やテラスから、美しい夜景を眺められますよ。ディナーメニューはピッツァの種類が豊富ですが、中でもお店のおすすめはオリーブの爽やかな香りが広がる「シチリアーナ(1,280円(税込))」。前菜やワインも頼んで、おしゃれで都会的な豊洲の夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

営業時間:月~金 ランチ 11:00 am – 3:00 pm(L.O.2:30 pm)、月~金・祝前日ディナー5:00 pm – 11:00 pm(L.O.10:00 pm、ドリンクL.O.10:30 pm)、土・日・祝ランチ11:00 am – 3:00 pm(L.O.2:30 pm)、土・日・祝ディナー4:30 pm – 11:00 pm(L.O.10:00 pm、ドリンクL.O.10:30 pm)(年中無休)

いかがでしたか?威勢のいい競りを見学できる豊洲市場と、都会的なベイエリアの豊洲は両方合わせて一日中楽しめるスポット!この記事を参考に、できたばかりの豊洲市場をぜひ訪れてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

出典:WOW!JAPAN