江戸前のネタは今が旬!鮨ネタランキング3月編 -SUSHI TIMES ORIGINALS- | SUSHI TIMES

江戸前のネタは今が旬!鮨ネタランキング3月編 -SUSHI TIMES ORIGINALS-

https://sushitimes.co/wp-content/uploads/2022/03/6d002e6fd2b58fd471f30c607240c259.jpg

長い冬を終え、魚たちが動き出す3月。冬の間に旨味を溜め込んだ寿司ネタたちのオンパレード!

ハマグリ(蛤)

新鮮なほど透き通る、春を知らせる魚

ひな祭りに代表されるようにはまぐりは春を知らせる食材です。その上品な味わいは古くから日本人の心を掴んできました。

画像出典

水質汚染から絶滅危惧種へ

古くから日本人になじみの深いハマグリ。かつては日本の沿岸部で潮干狩りでも獲れましたが、戦後の高度成長期で沿岸のコンクリート化や水質汚染が進んだために姿を消し、いまや絶滅危惧種となっています。現在、国内で流通しているハマグリのほとんどは近縁種であるチョウセンハマグリやシナハマグリです。コハク酸に富み、大型のものは焼いて旨く、煮ハマグリは江戸前寿司の寿司種に欠かせません。潮汁、天ぷらや酒蒸し、炊き込みご飯、佃煮など様々な料理に利用されてきました。浜辺に生息しており、形が栗の実に似ていることから「浜栗」の名前がついたとされる。ほかに浜にある礫(石)の意で「浜礫(はまぐり)」となったとする説もあります。出典

不良に使う「グレる」はハマグリが語源
市場ではほかのハマグリ属の貝と区別して「本ハマ」とも呼ばれる。またハマグリのことを「グリハマ」「グレハマ」とも称し、ハマグリの貝殻をひっくり返すと合わなくなることから、物事が合わなくなることを指した。不良になることを指す「ぐれる」という言葉はこれに由来する。旨味成分であるコハク酸を豊富に含み、様々な料理に利用される。出典


さまざまな料理に使われる万能選手
煮ハマグリは江戸前寿司に欠かすことのできない寿司種であり、潮汁は三月の桃の節句に欠かせない。産地では新鮮なものを刺身にする。大型のものは焼きハマグリにして美味。酒蒸しやクラムチャウダー、天ぷら、炊き込みご飯、佃煮、土瓶蒸しなど、幅広い料理で利用される。(出典

鮨職人の腕が試される、江戸前に欠かせないネタ

画像出典

江戸前握りのもっとも基本的なすしネタがハマグリでした。江戸湾(東京湾)でたくさん揚がったハマグリを煮てつけていたのです。残念なことにこのハマグリが国内で激減し、非常に高価なものとなり、これに代わって使われているのがシナハマグリです。
寿司ネタにする時には剥き身にして塩ゆで、身を取り出して冷やします。水管に串を通してこれも冷ました煮汁の中で洗い砂などを落とす。これを酒、砂糖、しょうゆ、水などの地につけ込んだもの。江戸前ずしの基本的な仕事ですが、近年ほとんど見かけないません。


味の決め手は「ツメ」

煮て火を入れた後、調味液に漬ける文字通り「漬け込み」が一般的です。江戸前の古い仕事であり、この調理法で幅広く表現できるため、他の仕事で握りに供するケースは非常にレアです。漬け込みの調味液は、裏漉しした蛤出汁を煮詰め、調味料と合わせたものです。蛤は身の柔らかさがポイントとなります。煮る時間が長かったり、煮てから時間が経ちすぎたりすると硬くなり持ち味を壊してしまいます。

濃厚な旨味の煮ツメは上品な蛤の味を引き立てます。蛤の旨味だけで作った濃厚な「ハマツメ」は蛤本体を頂く前から奥歯に旨味が広がります。最近はサラッと上品な煮ツメが増えていますが、その場合は漬け込みの調味液が工夫されている方が望ましいとされます。(参考

牡蠣

贈答用に使われた高級魚

画像出典

牡蠣が生まれたのは1億年以上前!?

起源は1億年以上前、白亜紀より生息しその姿をほとんど変えていない牡蠣。食の歴史も古く、海外ではローマ最大の英雄、シーザーも牡蠣をこよなく愛していたと言われ、ナポレオン1世は牡蠣の養殖場を目指して進軍したとも言われています。日本では伊達政宗も牡蠣を食す専用の洞窟を用意していたとの文献もあるそうです。また松尾芭蕉の「奥の細道」では汽水域を目指して進み、牡蠣によって栄養を補充していた、なんていう話も……。
牡蠣は海のミルクと呼ばれるだけあって、栄養面でも非常にバランスがよく完全食品の1つとして知られ、成分は亜鉛、タウリン、グリコーゲン、ビタミンと非常に多くの栄養素が含まれています。美味しいだけではなく滋養強壮、肝機能強化、生活習慣病の予防などなど……。現代医学のない時代から欧米でも生食されていることを考えると、昔の人々は牡蠣の効能を体感しながら、積極的に食していたのかもしれませんね。

種類によって異なる牡蠣の旬

画像出典


岩牡蠣の旬

岩牡蠣の旬は、夏場の6月〜9月頃。
真牡蠣よりも殻が厚くサイズも大きいのが特徴です。イメージはちょうど大人の手のひらくらいの大きさ。味は磯の独特な塩味や渋みがあり、形も大きいので肉厚でジューシーな食感が楽しめます。
天然と養殖いずれの方法で育てられていますが、一般的には天然物が多め。そのため、その年の市場価格にもよるものの、基本的には養殖の真牡蠣より高価な傾向にあります。

真牡蠣の旬
真牡蠣の旬は岩牡蠣と反対で、冬場の11月〜4月頃。
大きさは岩牡蠣よりも小ぶりです。味はクリーミーなまろやかさがあります。実はスーパーや鮮魚店で並んでいるのはほとんどがこちらの種類。養殖されているので旬の時期はもちろん、冷凍加工されているものであれば一年を通して楽しむことができます。

参考: FISH HOUSE トクバイニュース

握り鮨の歴史は浅い

握り鮨に用いられる牡蠣は、マガキ。輸送技術が発達した事で握られるようになったので、比較的最近生み出されたタネとなります。多くの鮨店で扱われますが、酒肴で出すお店の方が比率は高く、握りで出すお店は、比較的若手の職人さんか変態的な職人さんである事が多い気がします シャリを包み込むように握られたカキは、見た目から明らかに美味しそうですよね。


漬け込み

画像出典


蛤に施す伝統的な江戸前仕事である、漬け込み。調味した煮汁で一晩ほど漬けて味を馴染ませる調理方法ですが、牡蠣にも最適です。生だと香りが強く、食感も滑らかすぎるため、握りには向きません。火入れを行い、味の調整を行った牡蠣がシャリには最適でしょう。ちなみに、握りで無くても酒肴で出されるお店は多く、その場合には生、焼き、蒸し、味噌漬けなど、様々な調理方法が採られます。(参考

アカガイ(赤貝)

画像出典

なぜ赤いの?

赤貝を開くと赤い水が流れ出てくるので驚くかもしれません。これは赤貝が血液中の色素に人間の血液と同じヘモグロビンを持つためです。赤貝の名前も身の色合いが赤いことに由来しています。

赤貝の旬は冬から春先にかけて。3月頃までが旬です。地方名にアカゲ、アカギャ、アッカイ、ケミガワ、シシンギャ、シマガイ、スミガイ、チガイ、ミロクガイ、ロッキ、モガイなどがります。チガイは血貝から。またケミガワ(検見川)の名称は、千葉市検見川周辺でよく獲れたことに由来します。


東京湾で獲れる「本玉」が最高級

かつて東京では、東京湾で獲れる地の魚介類を「地もの」、地方から輸送されてくる魚介類を「旅もの」と区別していましたが、アカガイは別名「玉」とも呼ばれ、東京湾の検見川などで獲れたアカガイを江戸前の「地玉」(地元で獲れるアカガイの意)と呼んで、最高級のものとしました。夏場に千葉県九十九里で獲れるバチアカガイ(アカガイとは別種)を「バチ赤」、バチアカガイに対して東京湾で獲れるアカガイを「本玉」と呼んでいました。

ヤリイカ(槍烏賊)

画像出典

ヤリイカは槍のような尖ったシルエットが特徴のイカです。上品な甘みがあり、寿司ネタとして人気があります。
ヤリイカの旬は1月から3月頃です。この時期は繁殖期のため子持ちのこともあります。
また、9月から10月頃に出回る成長途中のヤリイカは「小ヤリイカ」として販売されています。

画像出典


主な産地
ヤリイカは日本全国の沿岸で漁獲されています。主な産地は青森県や北海道、宮城県、長崎県などです。佐賀県の呼子はイカの活け造りで有名ですが、主にヤリイカが使われています。


ヤリイカの漁獲時期と旬
ヤリイカは繁殖と産卵のため接岸してくる冬から春にかけて多く漁獲されます。「夏のケンサキイカ、冬のヤリイカ」と言われるように、ヤリイカの旬は冬から春にかけて。冬から春に獲れるヤリイカは子持ちとなります。

江戸前の握りには必要不可欠

ヤリイカは非常に高価である。江戸前握りのネタとしても非常に重要なものです。都内で修業したすし職人は冬のヤリイカが好きだと言われます。ケンサキイカほどには甘味がなく、地味な感じすらするのに、この爽やかな食感というか、後味のよさがいいようです。
できるだけ大振りの雄を選んで、胴の部分を握りにします。コリっとした食感があるのもヤリイカならでは。
すし飯との馴染みも良くいくつつまんでも飽きの来ない味です。(参考

煮付けても美味


薄い身は煮付けると非常に柔らかくなりまして、口に入れた時の食感は何とも至福。ぜひこいつの姿を入手して、煮物の腕をふるってもらいたいもんです。


イカの印籠詰め

印籠詰めとは、日本料理全般において「材料を詰め込むこと」で、「㐂寿司」においてはいかの胴体に酢飯を詰めたものだ。使われるのは、ヤリイカの小さめのものを甘辛い煮汁で炊いてつくる「煮いか」だ。(出典

画像出典


桜鯛

画像出典

真鯛は、年中通して食べられる魚としても有名です。その中でも特に、真鯛がおいしくなる旬の時期についてご紹介します。せっかくなら脂がのったおいしい真鯛を食べたいですよね。そのためにも、真鯛の旬を知っておくことは損ではありません。


旬は春と秋の2回

真鯛の旬は、年に2回訪れます。それは「春」と「秋」です。正確には3月から6月、9月から11月がよいと言われています。春先の真鯛は「桜鯛」と呼び、秋頃の真鯛は「モミジ鯛」と呼びます。それぞれで違う特徴を持っているので、ベストな食べ方も変わってきます。

春先の早い時期が狙い目


春先の「桜鯛」は、産卵期の直前を迎え、大きな白子や卵を蓄えています。実はこの時期の真鯛は、味の個体差が激しくなりやすいです。というのも、産卵直前の真鯛は、栄養が白子や卵にいってしまうので、身が痩せていて旨味が少ない場合があります。その分白子や卵を楽しむことができるので、最初からそれ狙いで真鯛を選ぶのもよいかもしれません。一方で、卵や白子を蓄える準備をしている桜鯛は、これから迎える産卵期のためにエサを荒食いします。そのため、まるまると太って脂が抜群にのった「大当たり」の個体に巡り合うこともあります。
桜鯛を選ぶ場合、おいしい身を狙うなら春先の早めの時期を狙うのがおすすめです。大きな白子や卵を食べたいなら、春が終わる少し前がよいでしょう。(参考

昆布締め
あっさりして上品な旨味は昆布締めに向いています。特に保存技術に乏しい江戸時代、鯛の仕事といえば昆布締めでした。

ニシン

画像出典

春を告げる魚

ニシンは別名「春告魚(はるつげうお)」と呼ばれ、「春」が旬の魚です。
産卵時期の冬から春にかけて、もっとも栄養を蓄えていて美味しい季節になります。

ニシンの体長は約30cmで、見た目はマイワシに似ています。大きな群れで回遊し、旬の春の産卵時に、北海道沿岸に集まってきます。卵の数は平均5万粒で、これがカズノコです。また、びっしりと卵を産み付けられた昆布は子持ち昆布として知られています。

画像出典


春のニシンの味


旬を迎えた春のニシンは、腹に卵や白子をもっていてとても美味しいです。鮮度がよければ湯引きや煮付けもおすすめです。定番の塩焼きももちろん美味。マイワシを上品にしたような、日本人好みの味わいが楽しめます。


北海道の繁栄を築いた魚


ニシンの産地はほとんどが北海道です。産卵時期、回遊範囲などで異なる系群に分かれる。大規模回遊のサハリン系群は3~6月下旬、小規模沿岸回遊の石狩湾系群は1月下旬~5月下旬、北海道太平洋沿岸を回遊するニシンは9~11月下旬頃に旬を迎えます。全体的に見ると漁獲量が多い季節は春で、旬は春といえるでしょう。


ニシン御殿

画像出典


現在のニシンの漁獲量は1万4千t程度。ですが明治時代の終わりから大正時代にかけて、最盛期には100万t近くの漁獲量があったのです。北海道の小樽では、旬の時期にニシンで財をなしたニシン長者たちの豪勢な「ニシン御殿」が立ち並日ました。しかし、その乱獲の影響か、昭和の初めにはわずか約1万tにまで落ち込んでしまいました。いまでは、長年にわたる地道な種苗や放流で、徐々に漁獲量が回復しています。

北海道を代表する北の絶品ネタ


脂ののった秋から春のニシンはトロリとした食感で強い旨味が特徴です。すし飯との馴染みもよく、味わい深い一貫となります。ニシンは握り寿司としての歴史は浅いものの、徐々に認知されており、今では根強い人気があります。元々北海道ではにしんの寿司があり、北海道を代表する寿司ネタとも言われます。

味の表現が非常に難しいのですが、アジとイワシの中間ぽい味で光物にしてはあっさりしてる感じですが、しっかり味があります。

ニシンのなれ寿司

画像出典


江戸時代中期(18世紀中頃)から明治30年代にかけて、北海道から大阪まで日本海を通る西回り航路にて、商品を売買しながら拠点を回っていた商船を、総称して北前船と呼んでいました。単に荷物を運搬していただけではなく、寄港地で安い商品があればまとめて買い、それが高値で売れる港でさばくことにより多大な利益を得ながら航海していたのです。国内で流通する昆布の90%は北海道でとれますが、北前船で西日本へ運ばれ、昆布が流通することにより、現在の和食の基礎にもなりました。福井県には北前船の寄港地であった三国、河野、敦賀などがあり、繁栄とともに食文化が持ち込まれました。なかでも北からもたらされたものとして昆布とニシンは別格でした。そのニシンでつくった保存食が「いずし」「なれずし」の一種である「にしんすし」です。ニシンのすしは、夏に仕込んで秋に食べ頃を迎え(食べ頃は時期によるが2週間から4週間)、敦賀祭はもちろん、冬場のたんぱく質が得られるごちそうとして、おせち料理としても出されるおめでたい料理のひとつです。大根がニシンと麹の旨みを存分に吸い、熟成させることで美味しさが増します。(出典

参考:ぼうずコンニャクのWEB寿司図鑑 おたる栄六寿司 農林水産省

ホタルイカ

画像出典

水揚げ量日本一は富山ではなく・・

ホタルイカと言えば、富山湾の幻想的な漁が毎年ニュースで流れる事もあり有名ですが、水揚げ量で最も多いのは浜坂漁港をはじめとする兵庫県です。次いで富山県となります。また、富山県が沿岸に押し寄せてきたホタルイカを定置網で夜に漁獲するのに対し、兵庫県などでは主に昼間に行われる底引き網漁で一気に大量に水揚げされます。味などの質的には富山湾産のものが大きくミソの詰まり具合などもよく、高値で取引されています。

獲ってすぐに釜茹でが基本

ホタルイカは非常に傷みが早く、鮮度が落ちるとすぐに腐ってきます。その為、流通しているもののほとんどは水揚げされてすぐに釜茹でされてから出荷されます。スーパーなどで売っているものもそうして茹でられたものがパックに詰められて並んでいます。3月から4月の最盛期には極僅かですが生のままのものも出回ります。また、ここ数年、船上でビニールチューブに海水ごと詰められた生のホタルイカも出回るようになってきました。(参考

生ホタルイカは春の漁期にしか味わえません。見つけたら買いだし、すし店で見つけたら握って頂きたいもののひとつです。丸ごとは食べられないので、内臓と目を取り、開いて握りにします。見た目はあまりよろしくはないが、適度な硬さとうま味の豊かさが魅力的です。わさびしょうゆでもいいが、すだちに塩もよく合います。
春の息吹を感じさせてくれる寿司ネタです。

サワラ(鰆)

画像出典

さわら(鰆)とは、サバ科サワラ属に分類される海水魚の一種です。出世魚の一種であり、サイズの小さいものは「さごち(関東)」「さごし(関西)」などと呼ばれ、大きくなったものをさわらと呼びます。一般的にサイズが小さいものよりも、大きいもののほうが「脂ノリがよくて美味しい」といわれています。さわらの旬は地域によって春(4~6月頃)と秋(10~12月頃)の2シーズンに分かれています。また、消費地で見ると、一般的に関東地方では秋から冬にかけて漁獲される「寒鰆」が好まれ、関西地方では春頃に漁獲される「春鰆」が好まれているそうです。なお、産卵期を迎えた夏頃は旬外れとなっています。

画像出典

熟成&炙り向き 

サワラは熟成させることでより旨味が増す寿司ネタでもあります。鰆は比較的水分が多い魚(鯖65%<鰆70%)であり、繊維質もソフトであるため、鮨の場合、食感を凝縮する事が必要です。旨味が強く、脂が多いので熟成+炙りが一番多いようです。

また、サワラは炙って薫香をつけて頂くと最高に美味しくなります。パリパリの皮に肉厚モチモチの皮。そして皮と身の間にある上品でくどくない脂が至高の一貫になります。

昔は東京湾の奥の方でもサワラが獲れたようで、東京(江戸)のすし店ではヅケにするなどして、よく使っていたようですが、現在の東京のすし店では、昔ほど使われていないようです。

文・編集 SUSHITIMES編集部

本記事は他サイトの文献を参考にし掲載させていただいております。