回転寿司の“えんがわ”はヒラメじゃなかった!? 近頃大きな注目を集める“代用魚”たち | SUSHI TIMES

回転寿司の“えんがわ”はヒラメじゃなかった!? 近頃大きな注目を集める“代用魚”たち

今やずいぶんと安価に食べられるようになった寿司。大手の回転寿司チェーンでは頻繁に1貫100円セールなどを打ち出し、お店には制服を着た学生たちの姿も見かけます。なぜここまで安く提供できるのか、その裏には“代用魚”などの活躍がありました。

回転寿司店で提供される“えんがわ”の秘密

今年8月に放送された『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)では、独特のコリコリとした食感が人気の“えんがわ”について特集。回転寿司で提供されるえんがわの秘密を教えてくれました。

そもそもえんがわといえば、一般的に“ヒラメ”のつけ根部分にある筋肉を指します。名前の由来は身の部分とヒレの間にある細い筋肉の筋が、日本家屋にある縁側の板の並びに似ているから。

しかし最近多くの回転寿司店では、えんがわにヒラメが使われていないそう。えんがわは取れる量も少なく、ヒラメ1匹あたり寿司4貫にしかなりません。そのため安さが売りの回転寿司店では、高価なヒラメの使用が不可能。新宿歌舞伎町にある人気店「桜すし」の大将・高橋一郎さんは、えんがわの代わりに“オヒョウ”という魚を使っていると明かしてくれました。

オヒョウは北海道以北、大西洋、ベーリング海といった世界の冷たい海に生息するヒラメと同じカレイ目の魚。大きいものでは体長2mを超える巨大魚で、サイズ以外は形も味もヒラメにソックリです。たくさん獲れるカナダでは、競技フィッシングも行われるほどメジャーな魚なんだとか。


画像出典:QPOST

ちなみに番組では、身の部分はどうしているかも調べていました。ほとんどの回転寿司店ではえんがわ部分のみに加工されたものを仕入れているので、少なくとも日本ではあまり食べられていないよう。そこで本場カナダの人に聞いてみると、オヒョウは主に祝いの席で食す高級魚だといいます。逆にカナダでは今までえんがわ部分が捨てられていましたが、そこに日本の水産加工業者が注目。日本に持ち込んだところ見事に人気の獲得に成功したようです。

近頃大きな注目を集める代用商品の数々

美味しい魚を安価に食べる方法として、現在“代用魚”が大きな注目を集めています。2016年にはクロマグロに近い味とされるサバ科の魚“スマ”が販売され、世間を騒がせていました。まだまだ一般への流通が多くない状態ですが、近い将来マグロに代わって食卓の定番になる可能性も。また今年は“ウナギ”の価格高騰によって、「さばの蒲焼」などの代用商品も話題に。ネット上には、「代用魚でも全然美味しいから驚く。これからもっと代用商品が盛り上がってくれたら面白そう」「代用商品はホントに庶民の味方。ここ最近は価格高騰みたいなニュースばかりだし、代用魚でも美味しいなら構わない」と好印象の声も多く上がっています。

遠くない未来、食卓に並ぶ魚たちが大きく変わる日がくるかもしれませんね。

出典:CHANTO