意外と知らない「鮨ネタの旬」。秋に美味しいネタって何? | SUSHI TIMES

意外と知らない「鮨ネタの旬」。秋に美味しいネタって何?

魚や魚介類は旬に食べた方が一層美味しいもの。9月〜10月の秋の季節に美味しい鮨ネタを抑えて、おいしい寿司をいっぱい食べましょう。

寿司ネタは「旬」を押さえることが大切

今や冷凍保存技術や輸入の魚介が増えたため、一年中いつでも様々な鮨ネタを食べることができるもの。
それでもやっぱり、「旬」の季節の鮨ネタの美味しさはひとしおです。
9月〜10月の秋の季節においしい鮨ネタって一体何なのでしょうか?
おすすめのネタを3つご紹介します。

白ウニ

「赤ウニ」と呼ばれるバフンウニの旬は7月〜8月期。
そのため「ウニ」の旬というと「夏」を思い浮かべる人が多いようです。
しかし、クリーミーな「白ウニ」の旬は実は秋。
とろりとした食感、クセのない味わいにはファンも多いものです。

イクラ

秋鮭がたくさん取れるようになる9月いっぱいは、「イクラ」の旬でもあります。
旬のイクラは皮がやわらかく、新鮮なものはかるく舌で押すだけでとろけるような味わい。
「イクラはあまりすきじゃない」という人でも、旬のイクラは食べられることが多いのだとか。

小柱

秋は貝類が旨味をグッと増す季節。
小柱やハマグリなどの主力選手のほか、ミル貝や赤貝なども美味しさを増してきます。
一般的に、貝類が旬となるのは10月下旬頃から。
涼しさが本格的になってきたら、貝の季節が訪れたと言えるでしょう。

旬のネタは回転寿司でも美味しい!

最近では回転寿司でも旬のイチオシネタを売り出すようになっています。
ウニやイクラなどが「オススメ」として出ていたら、それはおそらく「旬」の合図。
一番おいしい時期のネタの旨味と新鮮さをたっぷりと味わってみてください。

出典:Vocca