世界フードとなった「寿司」➡「SUSHI」の最進化形が大阪に登場! | SUSHI TIMES

世界フードとなった「寿司」➡「SUSHI」の最進化形が大阪に登場!

日本が世界に誇る食文化のひとつである寿司はニューヨークでもSUSHIとして大人気。その最進化形を現地のスタイルで楽しめる空間が、本町にある「セント レジス ホテル 大阪」の一角にオープン。

和洋のシェフが繰り出す世界基準の新しいSUSHIのカタチ

ホテル2階のレストラン「ル ドール」にオープンしている「NY Sushi Bar」。ここでは、まるでニューヨークのジャパニーズレストランを訪れたかのような、モダンすぎるSUSHIが楽しめるのです。

会場は「ル ドール」2階に広がるラグジュアリーなサロンスペース。

入り口付近に煌びやかな寿司カウンターがお出まし。

カウンターのケースには新鮮なネタがスタンバイ。

ニューヨークスタイルのSUSHIと言えば、思い浮かぶのはまずカリフォルニアロール。確かに、生魚に限らず様々な食材を取り入れ、海苔を内側にして巻き、ソースやトッピングで目にも鮮やかなロール寿司は、今も昔もニューヨークにおける寿司のスタンダードと言えるでしょう。当初はトレンドだったSUSHIも、次第にニューヨーカーの食生活に浸透し、今やすっかりと定着。しかもロール寿司の進化系は次々と生み出され、日進月歩の進化を遂げているのです。
しかしながら、この「NY Sushi Bar」で味わえるのは、単にニューヨークで流行っているSUSHIの逆輸入版ではありません。手掛けるのは和食担当の宴会副料理長・宮上義勝氏と、総料理長のイタリア人シェフ、ジャンルカ・ヴィサーニ氏(監修)のおふたり。セントレジス発祥の地であり、数多くのSUSHIレストランがあるニューヨークに想いを馳せつつ、日本人はもちろんニューヨーカーも目にしたことのない新しい創作SUSHIが提供されるのです。

和食シェフの宮上氏と、総料理長兼イタリアンシェフのジャンルカ氏がタッグを組んだのです。

普段は表に出ることのない宮上氏が、期間中はカウンターで職人技を存分に披露してくれます。

めくるめく創作SUSHIのコースに酔いしれる

SUSHIはアラカルトでも注文できますが、提供順まで考え抜かれたコース仕立てがオススメ。コースは「5th Avenueコース」1名9800円(税・サ別)と「55thStreetコース」1名14000円(税・サ別)のいずれかが選べます。ズワイガニのゼリー寄せなどのアミューズからアペタイザーのお造りへと続き、最初にお目見えするネタは、題して「スシティーニ」。なんとカクテルの上に鎮座する、マグロの漬けの握りです。大ぶりに刻んで叩かれたトッピングのワサビ&大葉も相まって風味豊かな握りを食した後は、日本酒とベルモットで作ったマティーニならぬ「サケ(酒)ティーニ」をグイッといただきましょう。

漬けの握りonサケティーニから成る「スシティーニ」で、いきなりのサプライズ!

続いてサーブされるのは、「半透明」と題されたポルチーニのゼリー&天ぷらの握り。こちらはバルサミコソースでいただきます。続いてハーブ米の寿司飯とトッピングのキャビアが特徴的な、バジルソースで食すサーモンの手毬寿司が登場。ほかにも、玄米&ラズベリーのシャリにフォアグラをのせ、マスタードのソースでいただくフォアグラ寿司などなど、寿司飯×ネタ×ソースで魅せる多彩なSUSHIを次々と握ってくれるので、きっと彼女のテンションもアガりっぱなし。ひと癖もふた癖もあるSUSHIコースの世界に、ふたりで酔いしれてください。

ポルチーニのゼリーが印象的な「半透明」。

玄米おこわとアボカドディップの上に焼いた甘鯛がのる、食感も面白い「ブラウン」。

和牛を石の上で軽く焼いてからシャリに巻き、赤ワインソースでいただくその名も「ファイヤービーフ」。

米を使ったモンブラン!? SUSHIだけじゃない楽しみも魅力

SUSHIはもちろん、前述のアミューズやアペタイザーに加え、イカスミと一緒に炊いた黒米のクラッカーにキャビアがのった「ブラック」、味噌とアメリケーヌソースで作られた「ロブスターの味噌汁」といった細部までこだわりが光るユニークなメニューも盛り込まれたこちらのコース。デザートには、米を使ったモンブランとクロッカンティーノが楽しめます。特にもち米ベースのモンブランは、見た目からは想像できない食感の妙が愉快で、驚きからの笑顔をお約束。最後までぬかりないスペシャルコースに、誰もが満足すること間違いなしです。

もち米を使ったモンブランはモチモチで、さながら洋風おはぎ。

寿司の合間に、サクッとおいしいクラッカー「ブラック」。

和洋それぞれのアイデアとテクニックが見事に融合した、唯一無二の新感覚なSUSHIたち。そんなSUSHIにお目にかかれるとあれば、グルメな彼女も、新しいモノ好きのミーハーな彼女も、誘いを聞き流すはずはないでしょう。それに、いつもの寿司デートのフリをして連れ出しても、きっと素敵なサプライズになることウケアイです。

◆NY Sushi Bar
住所/大阪府大阪市中央区本町3-6-12 セント レジス ホテル 大阪  フレンチビストロ「ル ドール」2F
営業時間/18:00~21:30
ウェブサイト
予約・お問い合わせ/☎06-6258-3333

出典:LEON
※本記事は2018年1月15日時点の情報です。