NYで本格江戸前ずしを握るアメリカ人女性すし職人! | SUSHI TIMES

NYで本格江戸前ずしを握るアメリカ人女性すし職人!

数え切れないほどの寿司レストランが軒を連ねるニューヨークで、ひときわメディアに注目され、高い評価を受ける寿司職人がいます。その寿司が食べられるのがマンハッタンのチェルシー。アンダーグラウンド感あふれる階段をひたすらのぼると、カーテンの裏に現れる隠れ家的な寿司店「スシ・バイ・ベイ」が現れます。ここのシェフがウーナ・テンペストさん。日本でも珍しい女性の、そして若干25歳の若手寿司職人です。

店には寿司カウンターと小さなバーのみ。カウンターも左半分は「スシ・バイ・ボウ」という違うお店で、「スシ・バイ・ベイ」は右半分の6席だけです。しかしここ、レストランガイド「ザガット・サーベイ」で、「2017年にオープンしたニューヨークの最も重要なレストラン」の1つに選ばれる隠れた名店です。

もともとアートを勉強するためニューヨークにきたウーナさん。学生時代に始めたウェイトレスのバイトで、寿司と、師匠となる寿司職人に出会い、その世界に魅了されたのが、寿司職人を志すきっかけでした。

出典:FCY NY