華やかに宴席を彩る鹿児島の郷土料理「酒ずし」 | SUSHI TIMES

華やかに宴席を彩る鹿児島の郷土料理「酒ずし」

<この記事のポイント>

酒ずしの始まりは400年前。島津の殿様の花見弁当の残りが発酵した事がきっかけ。

・琉球塗りの桶を使った豪華な料理として広まり、今に伝わる。

・使われる酒は清酒ではなく、「灰持酒(あくもちしゅ)」。


…元記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です