東京の居酒屋の魚はなぜ不味い?話題の鮮魚流通ベンチャー「八面六臂」の松田社長に聞いてきた | SUSHI TIMES

東京の居酒屋の魚はなぜ不味い?話題の鮮魚流通ベンチャー「八面六臂」の松田社長に聞いてきた

<この記事のポイント>

・日本の鮮魚流通には飲食店の経営者が魚を仕入れる手段が限られるという問題がある。

・こうした流通の問題に「鮮魚流通」という独特の事業領域で取り組むベンチャー起業「八面六臂」。

・同社を率いる松田氏の話をライターのイケダハヤトがまとめる。


…元記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です